日本語 | English
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通5丁目1番14号 神戸商工貿易センタービル
Tel. 078-200-5063 Fax. 078-200-5064 E-mail.
対象疾患領域 中枢神経
 

眼科疾患と中枢神経系疾患の克服を目指して

眼科

写真はイメージです  中枢神経系も我々が大きな強みを持つ疾患領域です。当社は創業以来、一貫してシグマ-1受容体アゴニストを中枢神経系疾患の治療薬として開発を進めてきました。パイプラインを再構築するにあたり、プログラムの取捨選択を行ないましたが、やはりシグマ-1受容体アゴニストに基く中枢神経疾患治療薬は大きなポテンシャルを持っていると判断しました。  現在、中枢神経疾患に対し、いろいろな薬剤が治療薬として用いられていますが、その大半は神経伝達物質に関連した薬剤です。これらの薬剤は症状の緩和にはつながりますが、病気の根本的な原因に迫るものではありません。一方、シグマ-1受容体は情報伝達に関与する機能はありません。シグマ-1受容体の生理機能は細胞の恒常性維持に深く関わっており、細胞の生存維持に重要な働きをします。従ってシグマ-1受容体に関わる薬剤は症状緩和ではなく、病気の原因に対して治療効果を発揮し、病気の進行を停止するなど根本的治療につながるものです。従来の中枢神経疾患治療剤とは性質の異なる新しい薬剤になり得ます。  対象疾患としては神経組織の障害を伴う慢性的な病気で、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症などです。これらの慢性的神経変性疾患に対して症状の一時的な緩和ではなく、病気の進行の停止や回復を狙った薬剤を開発します。