日本語 | English
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通5丁目1番14号 神戸商工貿易センタービル
Tel. 078-200-5063 Fax. 078-200-5064 E-mail.
パイプライン MC116
 

パイプライン MC116

 当社は、クタメシンの臨床開発と平行して、次世代のシグマ-1受容体アゴニストの探索を行って来ました。化合物の体内動態および急性毒性を調べ、いくつかの化合物を絞り込み、最終的にシグマ-1受容体アゴニスト活性が強い化合物MC116を得ました。MC116はクタメシンと同様、シグマ-1受容体アゴニストとしての薬理プロフィールを示すだけでなく、いくつかの他の薬理活性を持っています。
 MC116の薬理学的プロフィールから対象疾患はパーキンソン病を予定しています。パーキンソン病は中枢のドパミン神経系が主に障害され、運動機能障害などの症状を呈する疾患です。運動神経以外の神経系も障害を受けますが、ALSと同じく運動機能障害を主たる症状とする神経変性疾患です。
 パーキンソン病の原因については、諸説があり、はっきりしていませんが、ミトコンドリア機能の異常が病因ではないかという説が最近有力になってきています。シグマ-1受容体アゴニストはミトコンドリアの機能を増強する作用があることが判っており、パーキンソン病の治療薬になるという理論的根拠が成立します。
 現在のパーキンソン病治療薬はL-ドーパに代表されるように、症状を改善するものが多く、いわゆる対症療法的なものしかありません。MC116は病因に関わる生理機能を改善するため、症状の改善ではなく、病気の進行を抑制するという従来にないコンセプトのパーキンソン病治療薬になります。